このページの本文へ

島根大学キャリアセンター

メニュー

ホーム > 在学生のみなさまへ > その他の就職情報 > 学生生活案内(進路に関して)

学生生活案内(進路に関して)

(1)進路について考えよう
入学してすぐに「卒業・修了後の進路」について考えるのはなかなか難しいものですが,学生時代は最終的には就職に向けて自分の価値を高めていくことができる貴重な期間になるものです。1年生の時から,将来設計の意識を持つようにしましょう。

各学年でどのような活動をすればよいのかを,簡単に表にしてみましたので,参考にしてください。
(大学院の方は「3年」、
「4年」の部分を参考にしてください) 将来のことを考えるのに早すぎるということはありません。 積極的に自分の将来の職業について考えてみましょう。

◎就職に向けての心構えと活動

1年生

☆進路について考えよう » 将来の夢や志を持って将来設計をしましょう。
☆就職管理に進路希望とメールアドレスを登録しよう » キャリアセンターからメールで情報を提供します。 ガイダンスは自由参加ですから,夏休みまでに一度は参加してみましょう。

2年生

☆長所と短所を知ろう » 自己分析
☆情報収集をしよう » 業界・職種研究,公務員採用試験,教員採用試験
☆ガイダンスに参加してみよう » 5月から6月頃
☆マナーを身につけよう » 敬語の使い方,手紙や履歴書の書き方,電話やメールの仕方,身だしなみ等

3年生

(前半)
☆就職管理に登録した内容を見直してみよう » 進路希望やメールアドレスに変更がある場合は登録し直そう。
☆ガイダンスに参加しよう » エントリーシートの書き方,マナー指導と模擬面接
☆就業体験しよう » インターンシップ(やる気があれば二年生から体験できます)
(後半)
☆アプローチ開始 » 資料請求する。会社訪問,OB・OG訪問
☆試験を受ける » 面接試験,筆記試験
☆会社説明会に参加しよう » 合同会社説明会,個別会社説明会

4年生

☆内定に向けて»内定確認・内定の辞退,報告とお礼
☆公務員採用試験,教員採用試験の受験
就職管理に必ず卒業・修了後の進路を登録してください(全員)»進学、留学、就職しない方も必ずご自分の卒業・修了後の進路を登録してください。

学生にとって就職活動とは何か?

① 分析と予測 » 自己理解を深め,将来設計をする。(自己分析とキャリア設計)

② 自己の成長 » 社会の仕組みを理解して,自分とのギャップを埋める。

③ 精神的自立 » 自ら判断して行動できる能力を身に着ける。

(2)キャリアセンターを利用しよう
皆さんの就職活動がよりよいものになるよう支援するために,「キャリアセンター」があります。ここには,企業から送付された「求人票」の閲覧コーナー,「公務員試験と教員採用試験関係」の閲覧コーナー,「パソコンによる情報検索」のコーナーがあります。

また,相談員3名体制で「就職相談」を受け付けていますし,キャリアセンタースタッフもいますので,気軽に声を掛けてください。センターには,就職を目指して頑張る学生さんのために,「就職に役立つ図書や資料」をたくさん用意しています。どうぞ,お気軽にお越しください。

(3)就職の掲示は時期を逃さずに見よう
就職に関する掲示は,全学掲示板の「就職関係」と学生支援センター前の立看板にしています。
これはキャリアセンターが責任を持って,最新の掲示だけをするようにしているためです。
ガイダンス等に参加を希望する学生さんは必ず見るように心がけてください。   

(4)就職管理に登録しよう (就職希望の方だけでなく,進学等 就職を考えていない方も全員)
島根大学学務情報システムの中に「就職管理」があります。「利用の手引き」を見て必ず登録しましょう。登録すると,様々な情報を得ることができます。 また,メール配信設定をするとガイダンスなどの通知が届くようになります。